製品

glp-1アナログ(リラグルチド、セマグルチド)の作用機序は、インスリン受容体を活性化し、インスリン分泌を促進し、グルカゴン分泌を減らし、胃内容排出を遅らせ、満腹感を高めることです。 インスリンアナログ(インスリンデテミル、インスリンデグルチド) インスリン受容体を活性化し、グルコースの利用を促進し、肝臓のグルコース出力を減らし、ケトン体の生成を抑制することです。


上記の機能は、食後の血糖値を低下させ、血糖値を一定レベルに維持するのに役立つため、糖尿病や肥満の治療に使用できます。当社は、さまざまな血糖降下薬の側鎖を高純度で提供し、お客様のニーズに応えることができます。


の合計 1 ページ数

著作権 © XIAMEN SINOPEG BIOTECH CO., LTD. 全著作権所有.

製品

ニュース

接触